メイン画像

実績」を持つ医師がおこなうインプラント

しっかりと「噛む」機能を取り戻すために

20年」の
インプラント経験

10年保証

日本大学歯学部付属歯科病院の
口腔外科の講師が担当

安全・安心なインプラント治療をおこなうために

インプラント治療ではいいことばかりクローズアップされる半面、絶対にダメという主張も見受けられます。

院長

こういった主張を鑑みて、最近では「このような医院でインプラントをすれば安心」などの指針が出ています。
あくまで1つの指針ではありますが、どのような最新の機材・治療法などを取り入れたとしても、オペを行うドクターの技術・経験、そして「信頼」がなければ、本当に安全・安心なインプラントはできないと私は考えます。

患者さんのお口の状態、好みや年齢、職業、経済的な事情も様々です。
すべての方にインプラント治療が適切というわけではありません。
インプラントはすべてにおいて最高の治療ではありません。デメリットも存在しますし、インプラントだけではなく、入れ歯、ブリッジなど複数の治療法をご提案させて頂く場合もあります。

どのようなメリット・デメリットが存在するのかを、患者様が納得するまでしっかりと説明し、最終的には患者様に判断していただく。
この姿勢とそのための「会話」があるかどうかが「信頼できる医院」の1つの基準だと思います。

しかし担当医の人間性を知るために、何件もの医院に行くのは現実的には難しいと思いますので、「この医院がよさそうだな」という一定の目安が必要になります。 そこで1つの目安として、当院がどのような体制でインプラント治療を行っているかをご紹介します。

クレイン歯科、インプラント体制をご紹介します

当院で行うインプラント治療の4つの特長をご紹介します。
それ以外の特徴についても、このページの後半部分でご紹介します。

0120年の経験があるドクター

1

院長

当然のことですが、インプラント治療には「技術」が必要となります。当院の担当医は、20年のインプラント臨床経験があります。その他、日本大学歯学部付属歯科病院の口腔外科の講師も務めています。

当院のインプラント治療はすべて、このドクターが担当します。

02人為的ミスを可能な限り低減する「コンピューターインプラント」

コンピューターインプラントとは

インプラント治療を成功させるには、いかに正確な情報を術前に取得し、その情報を元に正確に施術できるかにかかってきます。しかし以前までのインプラント手術は、歯科医師の経験や勘に頼った部分が多くありました。

精密機器を活用することで、「経験や勘」といったあいまいなものに頼るのではなく、「データ」に基づいた手術が可能となり、安全性・正確性が格段に向上します。

当院で実施している3Dコンピューターインプラントシステムは、CTやシュミレーションソフト・ガイドを活用し、人為的なミスを可能な限り排除した、正確なデータに基づく新式のインプラントシステムです。

分析

CT画像

これまでは実際に手術して歯茎を切開しなければ分からなかった、骨の厚さや神経、血管の位置など様々な情報を、手術前に入手できることが特徴です。データを事前に入手することで、手術前に様々なシミュレーションをおこないます。例えばどの部分に、どの方向に、どのくらいの深さまで、どのサイズのインプラントを埋入するか、または、ここに神経、血管が通っているので、避けてインプラントを埋入しようなどといったことです。

ガイド

このシミュレーションで得られた情報をもとに、「ガイド」というものを作製します。
これにはインプラントを埋め込む場所・角度・大きさ・長さなどのデータが反映されたマウスピースのようなもので、実際の手術では、これをお口にはめ込み、穴が開いている部分にインプラント体を埋入するだけで的確な治療が可能になります。
実際の手術では、これをお口にはめ込み、穴が開いている部分にインプラント体を埋入するだけです。つまり手術時の「人為的なミス」は最小限に抑えられるということです。

また、手術時間の短縮につながるほか、骨の少ない難症例に対しても、骨増生なしで手術できるケースも多く、患者様の身体的、経済的負担の軽減に役立っております。

03恐怖心が強い方のための「睡眠麻酔法(筋肉内鎮静法)」:無料

3

インプラント治療は、基本的に「局所麻酔(通常の治療で利用する麻酔)」で十分に事足ります。
ですが、患者さんの中にはどうしても「痛い」「怖い」というイメージをお持ちの方もいらっしゃいます。
そのような方のために「睡眠麻酔法(筋肉内鎮静法)」という麻酔をおこないます。

睡眠麻酔法とは、全身麻酔に近いにも関わらず身体に負担の少なく、もちろん副作用や後遺症もありません。
「うとうと」した状態になり、緊張や不安、痛みをほとんど感じないまま手術を終えることが出来ます。
この方法を利用した患者様の大半が「気づいたら終わっていた」とおっしゃいます。
こういった麻酔を使用することで安心して治療を受けることができます。

04治療後のメインテナンスが大切です

院長3

治療後、インプラントを長持ちさせるために一番大切なことは「インプラント周囲炎」に注意を払うことです。

インプラント治療で入れた人工歯が虫歯になることはありませんが、毎日のケアを怠ると「インプラント歯周炎」という、歯周病のような症状が現れることがあります。
これを放置していると、インプラントを支えているあごの骨が溶けていき、最悪の場合はせっかくのインプラントが抜け落ちてしまう恐れがあります。

インプラントは治療が終了した後も、日常のケアやメインテナンスがとても大切
もちろん当院でも、治療後のケアをしっかりと行っています。
定期的にメインテナンスを行って、術後の状態の経過を観察していくことが、インプラントを長持ちさせることにもつながるのです。

05安心の「10年保証」

院長4

治療後、埋め込んだに埋め込んだインプラント部分には「10年間の保証」を約束します。

万が一、インプラント部分に破損や不具合が起きた場合は無償で対応いたします。患者様が「最大限」安心できるお付き合いを第一に考えております。
(年2回/定期的なメンテンスを必ずお受けいただくという条件がございます)

クレイン歯科、インプラント体制をご紹介します

当院のインプラント治療におけるその他の特徴をご紹介します。

世界標準のメーカーの利用

インプラントメーカーは流通している物で50社から100社あると言われており、海外のメーカーも含めると150社にも200社にもなると言われています。

当院では、その中でも日本、そして海外のドクターから高い評価を受けている下記のインプラント製品を使用しております。またすべてのメーカーで「純正品」を利用していますのでご安心ください。

ストローマンインプラント(ITI)

5

当院では世界的メーカーである「ストローマンインプラントシステム」を利用した治療を行っています。現在、世界70ヶ国以上で使われており、日本国内でも最大のシェアを持つ、信頼性の高いインプラントと言えます。
研究にかける費用はインプラントメーカーの中では随一で、豊富な臨床データに基づいた、信頼性の高いインプラントを作り続けています。

ストローマンインプラントは、患者様にとって、人体への影響が少ないSLA加工を施しているため治療期間の短縮が可能というメリットがあります。

ストローマンインプラントの他、症例に合わせて「オステムインプラント」等も利用します。

他院で
「インプラントはできません」
と言われた方でも対応可能

糖尿病/心臓病をお持ちの方

糖尿病や心臓病、高血圧などの理由でインプラントを断られるケースはよく見受けられます。以前は、これらの症状がある場合は多少リスクが高くなるとされていたため、断る医院さんが多かったようです。ただし近年では、体調の改善と共に、生体モニタリングなどを注視しながら行うことで可能になる場合もあります。クレイン歯科では、内科医の判断も仰ぎながらご提案をさせていただきますので、他院で断られたとしても、諦めずに一度ご相談ください。

骨が少ない/薄い方

ドクター

持病以外で断られる理由は、「骨が少ない」、「骨が薄い」というケースがほとんどです。
ただし、近年骨を増やす「骨造成」の技術が発達したことで、「骨が少ない」、「骨が薄い」といった難症例でも対応できるケースがあります。

骨造成といわれる技術は高度な技術を要するため、
どこの医院でも対応できるというわけにはいきません。当院では骨が少ない・薄い患者様のインプラント治療も度々行っており、よっぽどの難症例でない限りは対応可能です。

「無料」カウンセリングへのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • メール相談
  • web予約

【電話での問い合わせ】

048-929-7701

【医院の住所】

〒340-0034 埼玉県草加市氷川町2102-3

このページの先頭に戻る